会員ログイン

  • みんなのペットブログ募集
  • Smile de うちワンごはん
  • ペットの講座情報コーナー

Q&A

メルマガ会員募集 モニター情報等、最新情報を配信

メルマガ会員情報の変更・退会

    ワールドペットニュース詳細

    こちらでは、ワールドペットニュースの詳細をご覧いただけます。

    尚、各ページに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

    ご覧になった時点では内容が変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    ニュース詳細

    2018年04月19日
    魚たちが心地よく暮らせる新たな水景「waterscape 水の中の風景」を開催

     魚(プラティ)の水槽 魚(プラティ)の水槽  東京スカイツリータウン・ソラマチにある「すみだ水族館」では、4月27日(金)から7月8日(日)まで、企画展「waterscape 水の中の風景」が開催される。

     すみだ水族館と日本デザインセンター三澤デザイン研究室による企画展「waterscape 水の中の風景」では、水の中で暮らすいきものたちが本来持っている習性や、行動を元に設計された8つの水槽により、生態本来のさまざまな暮らしのシーンを引き出すことに挑戦。これまでとは異なる「水の中の風景」を設計し、水中の景観を新たな視点で体感できる。

     8つのキューブ型水槽の中には、3Dプリンターや型抜き、吹きガラスなどを用いて制作した有機的で美しいフォルムの構造物を配置。「浮く」と「沈む」それぞれの力の作用を巧みに利用しながら、水の中層で静止したり、アンバランスな形状ながらも安定して自立するように設計された水槽で、いきものがもつ生態について学ぶことができる。

     空気の入ったガラス製の球体が浮かんでいる水槽は、水中を縦横無尽に泳いで水草を食べる習性を持つ魚(プラティ)が。球体の中は温度変化の少ない温室となって水草が育ち、魚が球体の下の開口から自由に球体の中へ出入りして水草をつつく姿が観察できる。

     また、時々水面に顔を出して息継ぎをするカメ(カブトニオイガメ)の水槽では、いくつもの浮き島が縦に連なった構造物が浮かび、水中の島を足場にカメが息継ぎをしたり、島に上がって甲羅干しをするようすなどが観察できる。

     泡や雲、綿毛など、自然物をモチーフにして作られた有機的な造形は、どれも水中の景観に柔らかく溶け込み、いきものたちの暮らしに寄り添う。水で暮らすいきものたちの生態環境をゼロから探り直した、全く新しい形の水中景観を楽しむことができる。

     すみだ水族館「waterscape 水の中の風景」は、すみだ水族館6F・テラススペース付近に展示される。営業時間は、午前9時から午後9時まで。料金は大人が2,050円、高校生が1,500円、小・中学生が1,000円、幼児(3歳以上)が600円。

    【関連URL】

    ペット大好き

    戻る次へ

    • HOME
    • ニュース一覧へ戻る